WebEngine

だらだらと綴る技術系メモ

Docker ComposeでLAMP環境構築

f:id:web-engine:20171209214441p:plain

この記事は今までのDocker系記事のゴール地点になる位置づけになります。(まだまだ怪しいところたくさんあるけれど...)
Dockerは初めて、という方は以下の記事を順に追う形で読まれていくとぼんやりとイメージが湧いてくるんじゃないかと思います。

ところどころに我流な点があるかと思いますがご容赦下さい。

環境

  • Docker for mac
  • Docker version 17.09.0-ce, build afdb6d4
  • docker-compose version 1.16.1, build 6d1ac21

Docker composeとは

複数のコンテナを連携して開発ができるコマンド。
すごく便利。

ディレクトリ構成

作業用ディレクトリを下のような構成にします。

  - docker-compose.yml
  - php
    - Dockerfile
    - php.ini
  - html
    - database.php
    - fetchTester.php
    - index.php


docker-compose.yml

version: '3'
services:
  mysql:
    container_name: mysql_comp_test
    image: mysql:5.7
    ports:
      - 3333:3306
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: password
    volumes:
      - db:/var/lib/mysql
  phpmyadmin:
      container_name: phpmyadmin_comp_test
      image: phpmyadmin/phpmyadmin
      environment:
        - PMA_ARBITRARY=1
        - PMA_HOST=mysql
        - PMA_USER=root
        - PMA_PASSWORD=password
      links:
        - mysql
      ports:
        - 8080:80
      volumes:
        - /sessions
  php:
    container_name: php_apache_comp_test
    build: ./php
    ports:
      - 8000:80
    volumes:
      - ./html:/var/www/html
    depends_on:
      - mysql
volumes:
  db:

いらない記述などがあるような気がしますが、今回はとりあえずこれで済ませます。解説は後でします。

php/Dockerfile

FROM php:7-apache
COPY php.ini /usr/local/etc/php/
RUN apt-get update \
  && apt-get install -y libfreetype6-dev libjpeg62-turbo-dev libpng12-dev libmcrypt-dev \
  && docker-php-ext-install pdo_mysql mysqli mbstring gd iconv mcrypt


php/php.ini

[Date]
date.timezone = "Asia/Tokyo"
[mbstring]
mbstring.internal_encoding = "UTF-8"
mbstring.language = "Japanese"


html/index.php

<?php
require_once 'fetchTester.php';

$fetchtester = new FetchTester();
$fetchtester->fetch("testtable"); // 引数:テーブル名


html/fetchTester.php

<?php
require_once 'database.php';

class FetchTester
{
    private $pdo;

    function __construct()
    {
        $this->pdo = Database::connectDB();
    }

    public function fetch($table)
    {
        $stmt = $this->selectTable($table);
        while($row = $stmt->fetch()) {
            var_dump($row);
        }
    }

    private function selectTable($table)
    {
        $sql = 'SELECT * FROM ' . $table;
        $stmt = $this->pdo->query($sql);
        return $stmt;
    }
}


html/database.php

<?php
class Database
{
    public static function connectDB()
    {
        $pdo = '';
        try {
            $pdo = new PDO(
                // mysqlコンテナ側のIPアドレスを入れてやらないといけない
                'mysql:dbname=sample;host=xxx.xx.x.x;charset=utf8;',
                'root',
                'password',
                [
                    PDO::ATTR_ERRMODE => PDO::ERRMODE_EXCEPTION,
                    PDO::ATTR_DEFAULT_FETCH_MODE => PDO::FETCH_ASSOC
                ]
            );
        }
        catch (PDOException $e) {
            header('Content-Type: text/plain; charset=UTF-8', true, 500);
            exit($e->getMessage());
        }
        return $pdo;
    }
}

htmlディレクトリ下のファイルはすべて、以前記事にした PDOのfetch系メソッド のものを再利用しています。

docekr-compose.yml

1. version

シンタックスバージョンです。現時点では3が最新。

2. services

この配下にある設定を1つのサービス(コンテナ)として認識します。 この配下にサービスを複数書いていく形になります。

3. container_name

コンテナの名称を設定。記述しない場合はサービス名などから自動的につくられますが、この名前がやたら長いものになったりならなかったり。

4. image

このイメージをもとにコンテナを作成します。イメージがなければプルしてきます。

5. ports

ホスト側のポート:コンテナのポートとすることで、ホスト側で指定したポート番号でアクセスできるようになります。

6. environment

コンテナを起動する際に渡す環境変数を設定します。この単語のスペルをenviroment書いて何度もビルドエラーを起こしたのは内緒の話。

7. volumes

ホスト側パス:コンテナ側パスで、ホストのディレクトリをコンテナにボリュームとしてマウントすることができます。

8. build

任意のディレクトリ下のファイルをビルドします。ここでは./php下をビルドする、という指示になります。

9. link、depends_on

コンテナをほかのサービスとリンクさせます。サービス名:エイリアス名でサービス名とリンク用エイリアスの両方を指定できます。


ビルド、ラン

docker-compose up -dでビルドしつつ起動させます。 -dでバックグラウンドでの起動となります。

処理が終了したらdocker-compose psで状態をチェックします。

       Name                      Command               State           Ports         
--------------------------------------------------------------------------------------
mysql_comp_test        docker-entrypoint.sh mysqld      Up      0.0.0.0:3333->3306/tcp
php_apache_comp_test   docker-php-entrypoint apac ...   Up      0.0.0.0:8000->80/tcp  
phpmyadmin_comp_test   /run.sh phpmyadmin               Up      0.0.0.0:8080->80/tcp  

docker ps -aでどうなるかも見てみます。

CONTAINER ID        IMAGE                   COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                    NAMES
783bdf5eb792        phpmyadmin/phpmyadmin   "/run.sh phpmyadmin"     4 minutes ago       Up 4 minutes        0.0.0.0:8080->80/tcp     phpmyadmin_comp_test
9db98d802fc7        dockerlamp_php          "docker-php-entryp..."   4 minutes ago       Up 4 minutes        0.0.0.0:8000->80/tcp     php_apache_comp_test
13655efc377f        mysql:5.7               "docker-entrypoint..."   4 minutes ago       Up 4 minutes        0.0.0.0:3333->3306/tcp   mysql_comp_test

最初に見るべきはStateSTATUSです。Upになっているでしょうか。
次にPortsPORTSdocker-compose.ymlに書いたとおりにポートフォワーディングされていれば成功です。

DBセットアップ

まず、やらなくてはいけないのが、MySQLのコンテナのIPアドレスを調べることです。

docker exec -it mysql_comp_test /bin/bash

でコンテナに入って

hostname -i

IPアドレスを確認できます。 確認したらexitでホストマシンへ戻ってきます。

database.phphost=の部分に確認したIPアドレスを入力します。

// mysqlコンテナ側のIPアドレスを入れてやらないといけない
'mysql:dbname=sample;host=xxx.xx.x.x;charset=utf8;',


続いてデータベースとテーブルを作成します。 phpMyAdminhttp://localhost:8080でアクセスできます。コンテナに入って、コマンド処理で作業しても良いのですが、やはり面倒ですよね。

sampleというデータベース (utf8_general_ci) をつくって、その中に、testtableというテーブルを作成します。データも適当に入れておきましょう。

CREATE TABLE `testtable` (
    `id` int NOT NULL PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
    `name` varchar(10) NOT NULL
 ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8

いよいよhttp://localhost:8000へアクセスしてみます。

array(2) {
  ["id"]=>
  string(1) "1"
  ["name"]=>
  string(4) "hoge"
}
array(2) {
  ["id"]=>
  string(1) "2"
  ["name"]=>
  string(8) "hogehoge"
}

こんなふうにデータがダンプされれば成功です。

データが永続化されているか

docker-compose downで立ち上げたコンテナ群を終了させることができます。

今度はオプション-dを外してdocker-compose upで起動をしてみましょう。こうすることでdocker-compose downと打って終了する手間が省けるといえば省けます。 http://localhost:8000http://localhost:8080にアクセスすると、先ほどと同じ出力がされるはずです。DBのデータが消滅していないことがわかります。

プロセスはCtrl + cで終了することができます。

開発スピードアップ

index.phpを少々いじります。

<?php
// require_once 'fetchTester.php';

// $fetchtester = new FetchTester();
// $fetchtester->fetch("testtable"); // 引数:テーブル名
echo "Hello, Docker-compose!";

再度docker-compose upしてブラウザにアクセスすると、表示が変わるはずです。
前回の DockerfileでPHP7環境構築 の記事を踏まえて読んでくださっている方はわかると思いますが、すごく楽です。前回はブラウザに 表示させるだけ、ポートフォワーディングするだけ、で長いコマンドを打たなくてはいけなかったのが、 docker-compose.ymlへすべて書いてしまうことで解決しています。

このファイルを開発メンバで共有すれば、コマンドを幾つか打つだけで同じ開発環境が整うのも得点高いです。

改良の余地アリ

まずMySQLのコンテナのIPアドレスを調べて設定しなければいけないプロセスが面倒ですね。 IPアドレスを固定でセッティングするようなこともできるような気もするので上手くいけば手順を省略 できます。

また、今回はphpMyAdminを使ってみたかったので試行できませんでしたが、MySQLの公式イメージでは 特定の(既存の)ディレクトリにSQLファイルを流し込むことで、データベース定義やテーブル作成、データの挿入 を自動で行ってくれるそうです。

参考


DockerfileでPHP7環境構築

f:id:web-engine:20171023213836j:plain

今回、Docker HubにあるPHP公式リポジトリCreate a Dockerfile in your PHP projectの部分を参考にしました。

環境

mac OS Sierra上にDocker for macPHP7 + apacheの環境を構築していきます。今はnginxが主流となりつつありますが、トラブルシューティングしやすいように、今回は慣れているapacheを使います。

  • Docker version 17.06.1-ce

ディレクトリ構造

php7testというディレクトリのなかに以下の3つのファイルを作成

  • Dockerfile
  • src/index.php
  • config/php.ini


Dockerfile

FROM php:7.0-apache
MAINTAINER username

COPY config/php.ini /usr/local/etc/php/
COPY src/ /var/www/html/

Dockerfileをビルドすることで、オリジナルのイメージを作成することができます。

FROM php:7.0-apacheは、公式のphp:7.0-apacheというイメージを取得する、という意味です。まずイメージを取得し、それのイメージに新しく情報をつけ加えてきます。プログラミング的には、継承の感覚に近いかもしれません。このイメージを取得した時点で、PHP7 とapacheは入っているということです。

MAINTAINER usernameはDockerfileの製作者です。自身の名前を入れれば良いですが、必要なければカットしても良い情報です。

COPY config/php.ini /usr/local/etc/php/では、configディレクトリ内につくったオリジナルのPHP設定ファイルを、後々つくられるコンテナ側のOSの/usr/local/etc/php/下にコピーします。
COPY src/ /var/www/html/も同じようなものですね。

これで、一度イメージをビルドすれば、コンテナ作成 →動作確認→コンテナ破棄→ホスト側ファイルの修正→コンテナ作成→動作確認のサイクルを確立できます。(srcファイル下であれば、ですが)



src/index.php

<?php
phpinfo();

入っているPHPの情報をざっと確認したならこれですよね。


config/php.ini

date.timezone = "Asia/Tokyo"

PHPの設定ファイルです。最初は少しだけの情報にして、上手くいったら追加の設定を書き込んでいくのが安全です。

ビルド

Dockerfileが存在するディレクトリ下でコマンドを実行していきます。

docker build -t php7test .

php7testの部分はイメージ名です。つけたいイメージ名を書いてください。.をつけ忘れないようにしましょう。

終了したら、docker imagesでイメージが作成された確認しておきます。


ホスト側のブラウザで確認

docker run -v /Users/yourname/php7test/src/:/var/www/html -d -p 8000:80 --name php7cont php7test

php7testというイメージからphp7contというコンテナを作成しています。(コンテナ名を付ける場合は--nameが必要)

docker ps -aで上手くいっているかチェックしておきます。

PORTS0.0.0.0:8000->80/tcpとなっているでしょうか。0.0.0.0とはlocalhostのことですね。

http://localhost:8000にアクセスするとPHPの情報が表示されるはずです。バージョン7が入っていれば成功です。

ネット上の情報をみていると、localhostではダメな場合もあるようで、その場合は次のように、IPアドレスで指定するようですね。 (たぶん、dockerとホストのあいだにvagrantとかを挟んでいるのが原因)

IPアドレス:8000

IPアドレスifconfigコマンドで調べることができます。


肝心のコマンドが長いですが、分解すると見えてきます。

1. ホスト・コンテナ間でファイルを共有

docker run -v ホスト側パス:コンテナ側パス

なぜか僕の環境ではホスト側のパスだけフルパスで書かないと上手くいきませんでした。上手くいかないときは試してみてください。

2. コンテナ側のポートをホストでも使えるようにする(ポートフォワード)

docker run -p ホスト側ポート:コンテナ側ポート

3. デタッチモードでコンテナ起動(バックグラウンドで動作)

docker run -d イメージ


php.iniの設定が反映されているか確認

phpinfoで表示した部分をチェックしておきます。

f:id:web-engine:20171022214141p:plain デフォルトのタイムゾーンAsia/Tokyoになっていますね。上手くいっているみたいです。
今度イメージを作成するときは、ほかの設定もいじってみましょう。

サイクル体感

docker stop コンテナ名(コンテナID)でコンテナを停止できます。
docker rm コンテナ名(コンテナID)でコンテナを削除できます。
src/index.phpを書き換えて、もう一度docker run ~を実行してみましょう。
ブラウザに書き換えたindex.phpの内容が表示されれば、Dockerによる開発サイクルを実感できるはずです。

参考


Docker for MacでPython3環境の構築

きっかけ

仕事ではPHPとか、javascriptとかばっかりいじっているので、プライベートでは仕事で使う以外の言語でなにかつくったりしよう(遊ぼう)と思い立ったのが2ヶ月前くらいでした。
機械学習とか流行ってたなあ。出来たら面白そうだなあ。日本ではそれほどだけど、世界的なシェアはかなりある言語だから、まあやって損はないかな」なんて安直な理由でPythonを勉強しはじめました。

あくまで趣味の範囲なので、Macに最初から入っている2系のPythonを使っていました。しかし、ネットに落ちている情報などを見ていると、3系のPythonで書かれたソースコードが多くなってきているように感じます。いちいち2系と3系の違いを意識しながらプログラミングするのは面倒です。

しかし、趣味の範囲と言えど、3系のPythonを直接Macに落とし込むのは2系のPythonとバッティングしそうでなんとなく怖い。

というわけでDockerで仮想環境を立てることにしました。

Docker for Mac

下のリンクからダウンロードできます。僕は安定版(Stable)の方を入れました。

ダウンロードが終了したら起動しましょう。
ターミナルからバージョンを確認しておきます。

$ docker --version
Docker version 17.06.1-ce, build 874a737
$ which docker
/usr/local/bin/docker

Docker Hubから公式イメージを入手

Docker Hubというサイトで、どのようなイメージが配布されているかチェックできます。イメージをpullしてくるだけなら登録は必要ないです。

Official(公式)のものがあったので、そのイメージを利用することにします。

上のリンクにも書いてあるのですが、docker pull python:<バージョン>のようにして、バージョン指定を行うことができます。今回は3.6を取得します。

sudo docker pull python:3.6

入れたらdocker imagesで確認しておきます。

REPOSITORY  TAG    ...
python      3.6    ...

ほかにもIMAGE_IDSIZEを見ることができるはずです。

コンテナ起動

docker run -itでコンテナを作成し、操作できます。ここでは後につづく/bin/bashでログインしています。

--name 名前でコンテナに名前をつけることもできます。ここではpytestのことを指します。

docker run -it --name pytest python:3.6 /bin/bash


入ることに成功したら、Linuxディストリビューションの情報を確認してみます。 /etc/ディストリビューション名-release/etc/issueのどちらかのファイルを見てましょう。

OSのバージョンを確認するにはuname -aコマンドを使います。

# cat /etc/os-release
PRETTY_NAME="Debian GNU/Linux 8 (jessie)"
NAME="Debian GNU/Linux"
VERSION_ID="8"
VERSION="8 (jessie)"
ID=debian
HOME_URL="http://www.debian.org/"
SUPPORT_URL="http://www.debian.org/support"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.debian.org/"

# cat /etc/issue
Debian GNU/Linux 8 \n \l

# uname -a
Linux 0823c3a40902 4.9.41-moby #1 SMP Fri Aug 18 01:58:38 UTC 2017 x86_64 GNU/Linux

pythonのバージョンを確認すると、ちゃんと3.6が入っています。

# python --version
Python 3.6.2

pythonを管理するのに便利なpipも入っていました。ありがたい。

# pip --version
pip 9.0.1 from /usr/local/lib/python3.6/site-packages (python 3.6)

Pythonを動かしてみる

僕の場合、エディタもなにも入っていなかったので、とりあえずVimを落としてきました。Emacs派の人はEmacsを、どちらもわからない人はnanoあたりをインストールしてきて使いましょう。

ちなみに、最初にapt-get updateは実行しないとapt-getが使えないようです。

sudoコマンドも入っていなかったのでrootユーザのままでエディタをインストールします。

# apt-get update
# apt-get install -y vim


rootユーザのままだと落ち着かないので、新しくユーザをつくって、そのユーザで操作することにします。

# useradd -m pytest

上記コマンドで新規ユーザを登録できます。オプション-m/homeにユーザを作成することを指示します。このオプションをつけないとどこにユーザがつくられるかわかりません。

ls /homepytestが追加されていることを確認したらsu pytestでpytestユーザになります。変わることができたかは、コマンドライン上の#$になったかならないかで判断できます。
su - pytestのようにコマンドを実行すると、一発でpytestのホームディレクトリまで移動してくれます。


/home/pytest/にまで移動し、そこでhello.pyを作成します。

#-*- coding: utf-8 -*-
print("hello, python3")

python hello.pyで実行し、文字列が出力されればオーケイです。

※2017.09.10追記
そのままの設定だと、rootユーザでないとファイル編集できないみたいです。(Permission denied)自分はこのファイルをつくったときtootでなかったような気がするのですが、実際新しくファイルを作成してみると「rootでないとダメ」とメッセージが表示されました。ファイル作成の際は、rootユーザの状態で行ってください。

※2017.09.14追記
スミマセン、上記の件ですが、普通にいろいろいじっていただけで勘違いでした。pytestユーザでもファイルを作成できることを確認しました。

終了するには

1回目のexitでルートユーザに戻り、2回目のexitでホスト環境へ戻ってきます。

コンテナの起動・停止

docker ps -aにより、停止しているコンテナも表示することができるのですが、上記までの流れをそのままやってみると、コンテナは自動的に停止しています。(STATUS項目にExitedと表示されていれば停止しています)

コンテナを起動するにはdocker start コンテナID 、もしくはdocker start コンテナ名を使います。

docker start pytest

もう一度docker ps -aで確かめると動いているのが確認できるはずです。(その場合ExitedがUpになっている) 稼働しているので、aオプションをつけなくても表示されます。

停止するには、docker stop コンテナID、またはdocker stop コンテナ名です。

docker stop pytest

もう一度ログインする

もう一度コンテナ内に入るためにはdocker execを使います。動作中のコンテナでコマンドを実行するコマンドです。裏を返せば停止してるコンテナは操作できないということです。

docker exec -it pytest /bin/bash

入ることができたら作成したhello.pyがあることを確認してみましょう。

ホストから編集・実行

お気づきの方もいるかもしれませんが、hello.pyがあるか確認するだけならば、docker execを使えばコンテナ内に潜る必要はありません。

docker exec -it pytest ls /home/pytest

pytestコンテナに「lsコマンドを実行せよ」と命令を出しています。ここではhello.pyを作成した/home/pytest下を見ています。

ということは、このようなこともできるわけです。

docker exec -it pytest vim /home/pytest/hello.py

軽く編集してみます。

#-*- coding: utf-8 -*-
print("hello, python3")
print("hello, docker!!")

execで実行。

docker exec -it pytest python /home/pytest/hello.py

追加した文字列がホストのターミナルに出力されるかと思います。

2017.09.10追記

上記のように

docker exec -it pytest python /home/pytest/hello.py

など、ホスト側でpythonを実行したとき、エラーではないけれど変な感じで出力されるときがあるかと思います。
そういう場合は、Ctrl + lなどで一度ターミナルをクリアしてから、もう一度プログラムを実行すると、上手く出力される 可能性があります。

また

docker exec -it pytest python

とすることでpythonの対話モードが呼び出せることも確認しました。ちょっとした確認ならば、こちらを使う方が良いでしょう。

参考