読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WebEngine

だらだらと綴る技術系メモ

MacにNode.jsをインストールする

前提条件

  • 2017.2.19現在の情報
  • homebrewインストール済み
  • 現在node.jsが入っていない
  • 黒い画面を操作できる

手法

node.jsをインストールする方法はいろいろあるのですが、今回はnodebrew というものを使います。nodebrewでは複数のnode.jsを切り替えたりして 使うことができます。Rubyのrbenvに近い感じです。node.jsは開発が盛んに行われているので、急な仕様変更 にも対応できるように注意する必要があります。

本題

とりあえずnodebrewをインストールします。

brew install nodebrew

入ったか確認するには、nodebrew -vwhich nodebrewと 入力すれば良いです。

nodebrewが入ったら、次はnode.jsをインストールしていきます。
インストールできるnode.jsは

nodebrew ls-remote

で確認できます。

今回は最新版をインストールしたいと思います。
最新版をインストールするには

nodebrew install-binary latest

と打ち込めば良いです。
特定のバージョンのnode.jsをインストールしたい場合はlatestの部分を v7.1.0のようにすれば良いです。

ちなみに、僕の場合はインストールの際、このようなエラーが出ました。

Fetching: https://nodejs.org/dist/v7.5.0/node-v7.5.0-darwin-x64.tar.gz
Warning: Failed to create the file
Warning: /Users/home/.nodebrew/src/v7.5.0/node-v7.5.0-darwin-x64.tar.gz: No
Warning: such file or directory
                                                                           0.0%
curl: (23) Failed writing body (0 != 941)

参考にさせていただいたサイトに対処法がのっていたので、そのまま採用させていただきました。 こういうのは非常にありがたいですね。(リンクは下にあります)
このようにディレクトリを作成した結果、上手くいきました。

mkdir -p ~/.nodebrew/src

nodebrewに入れたnode.jsのバージョンを確認するには

nodebrew list

と入力します。

下の方がcurrent: noneとなっているはずです。これは、使用するnode.js が選択されていない状態を指します。

nodebrew use  v7.5.0

とすることで使用するnode.jsのバージョンを指定することができます。もう一度nodebrew listと 入力すると、current: noneだった箇所が指定したバージョンになっているはずです。

最後にパスを通します。

echo 'export PATH=$PATH:/Users/user_name/.nodebrew/current/bin' >> ~/.bashrc

隠しファイルである.bashrcに追記を行っています。user_nameの部分は自分のユーザ名を入力しましょう。
本当に追記されたか確認したい場合は

tail -n1 .bashrc

とでも打って確認してみましょう。

ターミナルを起動しなおし、node -vで指定したバージョンが出力されればオーケイです。
なお、Node.jsを入れるとnpmもセットで入ります。
npm -vでバージョンを確認することができます。


2017.3.2追記

ターミナルの調子が悪かったのかどうなのか理由は不明ですが、ターミナルを起動しなおすだけではnodeのパス が通らない現象が起きました。
そのときは、source ~/.bashrcとコマンドを打ち、.bashrc自体を読みなおしてやれば、上手くパス が通りました。

ちなみに、自分の環境では.bash_profilesource ~/.bashrcと追記してあります。
.bash_profile を読み込むと.bashrcも読み込まれる設定というわけです。
なので、環境によっては、パスを通すときの.bashrc.bash_profileに読みかえてもらえてもらえれば、と 思います。


参考