WebEngine

だらだらと綴る技術系メモ

Expressを使ってみる

Expressってなに

Node.jsのウェブアプリケーションフレームワークです。Node.jsのフレームワークKoaRailsライクなSailsなんかがありますが、おそらくExpressがもっとも有名ではないかと 思います。


準備

  • 環境:macOS Sierra10.12.3

とりあえず本家サイトのインストール手順にしたがって環境を整えます。

mkdir express_test
cd express_test
npm init

express_testというディレクトリを作成、そこへ移動。npm initpackage.jsonというファイルを つくります。このコマンドを実行すると、いろいろ質問されますが、一つの質問を除いては、ただリターンキー(エンターキー) を押していくだけで良いです。
例外の質問とは

entry point: (index.js)

という項目です。
ここでは、メインのファイル名を入力します。今回はapp.jsとしました。
上手くpackage.jsonが作成されれば、次のコマンドでExpressをインストールします。

npm install express --save

グローバルでインストールしても良かったのですが、動かなかったときが怖いので、express_testディレクトリ内 にのみ入れました。

ハローワールド

メインファイルであるapp.jsを作成し、次のように書きます。

var express = require('express')
var app = express()

app.get('/', function (req, res) {
  res.send('Hello, Express!!')
})

app.listen(3000, function () {
  console.log('Listening on port 3000!')
})

作成したら、ターミナルで

node app.js

と実行します。

ブラウザのURL欄にhttp://localhost:3000/と打ち込んで Hello, Express!!と出力されれば成功です。

参考

広告を非表示にする