WebEngine

だらだらと綴る技術系メモ

Docker ComposeでLAMP環境構築

f:id:web-engine:20171209214441p:plain

この記事は今までのDocker系記事のゴール地点になる位置づけになります。(まだまだ怪しいところたくさんあるけれど...)
Dockerは初めて、という方は以下の記事を順に追う形で読まれていくとぼんやりとイメージが湧いてくるんじゃないかと思います。

ところどころに我流な点があるかと思いますがご容赦下さい。

環境

  • Docker for mac
  • Docker version 17.09.0-ce, build afdb6d4
  • docker-compose version 1.16.1, build 6d1ac21

Docker composeとは

複数のコンテナを連携して開発ができるコマンド。
すごく便利。

ディレクトリ構成

作業用ディレクトリを下のような構成にします。

  - docker-compose.yml
  - php
    - Dockerfile
    - php.ini
  - html
    - database.php
    - fetchTester.php
    - index.php


docker-compose.yml

version: '3'
services:
  mysql:
    container_name: mysql_comp_test
    image: mysql:5.7
    ports:
      - 3333:3306
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: password
    volumes:
      - db:/var/lib/mysql
  phpmyadmin:
      container_name: phpmyadmin_comp_test
      image: phpmyadmin/phpmyadmin
      environment:
        - PMA_ARBITRARY=1
        - PMA_HOST=mysql
        - PMA_USER=root
        - PMA_PASSWORD=password
      links:
        - mysql
      ports:
        - 8080:80
      volumes:
        - /sessions
  php:
    container_name: php_apache_comp_test
    build: ./php
    ports:
      - 8000:80
    volumes:
      - ./html:/var/www/html
    depends_on:
      - mysql
volumes:
  db:

いらない記述などがあるような気がしますが、今回はとりあえずこれで済ませます。解説は後でします。

php/Dockerfile

FROM php:7-apache
COPY php.ini /usr/local/etc/php/
RUN apt-get update \
  && apt-get install -y libfreetype6-dev libjpeg62-turbo-dev libpng12-dev libmcrypt-dev \
  && docker-php-ext-install pdo_mysql mysqli mbstring gd iconv mcrypt


php/php.ini

[Date]
date.timezone = "Asia/Tokyo"
[mbstring]
mbstring.internal_encoding = "UTF-8"
mbstring.language = "Japanese"


html/index.php

<?php
require_once 'fetchTester.php';

$fetchtester = new FetchTester();
$fetchtester->fetch("testtable"); // 引数:テーブル名


html/fetchTester.php

<?php
require_once 'database.php';

class FetchTester
{
    private $pdo;

    function __construct()
    {
        $this->pdo = Database::connectDB();
    }

    public function fetch($table)
    {
        $stmt = $this->selectTable($table);
        while($row = $stmt->fetch()) {
            var_dump($row);
        }
    }

    private function selectTable($table)
    {
        $sql = 'SELECT * FROM ' . $table;
        $stmt = $this->pdo->query($sql);
        return $stmt;
    }
}


html/database.php

<?php
class Database
{
    public static function connectDB()
    {
        $pdo = '';
        try {
            $pdo = new PDO(
                // mysqlコンテナ側のIPアドレスを入れてやらないといけない
                'mysql:dbname=sample;host=xxx.xx.x.x;charset=utf8;',
                'root',
                'password',
                [
                    PDO::ATTR_ERRMODE => PDO::ERRMODE_EXCEPTION,
                    PDO::ATTR_DEFAULT_FETCH_MODE => PDO::FETCH_ASSOC
                ]
            );
        }
        catch (PDOException $e) {
            header('Content-Type: text/plain; charset=UTF-8', true, 500);
            exit($e->getMessage());
        }
        return $pdo;
    }
}

htmlディレクトリ下のファイルはすべて、以前記事にした PDOのfetch系メソッド のものを再利用しています。

docekr-compose.yml

1. version

シンタックスバージョンです。現時点では3が最新。

2. services

この配下にある設定を1つのサービス(コンテナ)として認識します。 この配下にサービスを複数書いていく形になります。

3. container_name

コンテナの名称を設定。記述しない場合はサービス名などから自動的につくられますが、この名前がやたら長いものになったりならなかったり。

4. image

このイメージをもとにコンテナを作成します。イメージがなければプルしてきます。

5. ports

ホスト側のポート:コンテナのポートとすることで、ホスト側で指定したポート番号でアクセスできるようになります。

6. environment

コンテナを起動する際に渡す環境変数を設定します。この単語のスペルをenviroment書いて何度もビルドエラーを起こしたのは内緒の話。

7. volumes

ホスト側パス:コンテナ側パスで、ホストのディレクトリをコンテナにボリュームとしてマウントすることができます。

8. build

任意のディレクトリ下のファイルをビルドします。ここでは./php下をビルドする、という指示になります。

9. link、depends_on

コンテナをほかのサービスとリンクさせます。サービス名:エイリアス名でサービス名とリンク用エイリアスの両方を指定できます。


ビルド、ラン

docker-compose up -dでビルドしつつ起動させます。 -dでバックグラウンドでの起動となります。

処理が終了したらdocker-compose psで状態をチェックします。

       Name                      Command               State           Ports         
--------------------------------------------------------------------------------------
mysql_comp_test        docker-entrypoint.sh mysqld      Up      0.0.0.0:3333->3306/tcp
php_apache_comp_test   docker-php-entrypoint apac ...   Up      0.0.0.0:8000->80/tcp  
phpmyadmin_comp_test   /run.sh phpmyadmin               Up      0.0.0.0:8080->80/tcp  

docker ps -aでどうなるかも見てみます。

CONTAINER ID        IMAGE                   COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                    NAMES
783bdf5eb792        phpmyadmin/phpmyadmin   "/run.sh phpmyadmin"     4 minutes ago       Up 4 minutes        0.0.0.0:8080->80/tcp     phpmyadmin_comp_test
9db98d802fc7        dockerlamp_php          "docker-php-entryp..."   4 minutes ago       Up 4 minutes        0.0.0.0:8000->80/tcp     php_apache_comp_test
13655efc377f        mysql:5.7               "docker-entrypoint..."   4 minutes ago       Up 4 minutes        0.0.0.0:3333->3306/tcp   mysql_comp_test

最初に見るべきはStateSTATUSです。Upになっているでしょうか。
次にPortsPORTSdocker-compose.ymlに書いたとおりにポートフォワーディングされていれば成功です。

DBセットアップ

まず、やらなくてはいけないのが、MySQLのコンテナのIPアドレスを調べることです。

docker exec -it mysql_comp_test /bin/bash

でコンテナに入って

hostname -i

IPアドレスを確認できます。 確認したらexitでホストマシンへ戻ってきます。

database.phphost=の部分に確認したIPアドレスを入力します。

// mysqlコンテナ側のIPアドレスを入れてやらないといけない
'mysql:dbname=sample;host=xxx.xx.x.x;charset=utf8;',


続いてデータベースとテーブルを作成します。 phpMyAdminhttp://localhost:8080でアクセスできます。コンテナに入って、コマンド処理で作業しても良いのですが、やはり面倒ですよね。

sampleというデータベース (utf8_general_ci) をつくって、その中に、testtableというテーブルを作成します。データも適当に入れておきましょう。

CREATE TABLE `testtable` (
    `id` int NOT NULL PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
    `name` varchar(10) NOT NULL
 ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8

いよいよhttp://localhost:8000へアクセスしてみます。

array(2) {
  ["id"]=>
  string(1) "1"
  ["name"]=>
  string(4) "hoge"
}
array(2) {
  ["id"]=>
  string(1) "2"
  ["name"]=>
  string(8) "hogehoge"
}

こんなふうにデータがダンプされれば成功です。

データが永続化されているか

docker-compose downで立ち上げたコンテナ群を終了させることができます。

今度はオプション-dを外してdocker-compose upで起動をしてみましょう。こうすることでdocker-compose downと打って終了する手間が省けるといえば省けます。 http://localhost:8000http://localhost:8080にアクセスすると、先ほどと同じ出力がされるはずです。DBのデータが消滅していないことがわかります。

プロセスはCtrl + cで終了することができます。

開発スピードアップ

index.phpを少々いじります。

<?php
// require_once 'fetchTester.php';

// $fetchtester = new FetchTester();
// $fetchtester->fetch("testtable"); // 引数:テーブル名
echo "Hello, Docker-compose!";

再度docker-compose upしてブラウザにアクセスすると、表示が変わるはずです。
前回の DockerfileでPHP7環境構築 の記事を踏まえて読んでくださっている方はわかると思いますが、すごく楽です。前回はブラウザに 表示させるだけ、ポートフォワーディングするだけ、で長いコマンドを打たなくてはいけなかったのが、 docker-compose.ymlへすべて書いてしまうことで解決しています。

このファイルを開発メンバで共有すれば、コマンドを幾つか打つだけで同じ開発環境が整うのも得点高いです。

改良の余地アリ

まずMySQLのコンテナのIPアドレスを調べて設定しなければいけないプロセスが面倒ですね。 IPアドレスを固定でセッティングするようなこともできるような気もするので上手くいけば手順を省略 できます。

また、今回はphpMyAdminを使ってみたかったので試行できませんでしたが、MySQLの公式イメージでは 特定の(既存の)ディレクトリにSQLファイルを流し込むことで、データベース定義やテーブル作成、データの挿入 を自動で行ってくれるそうです。

参考