読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WebEngine

web、プログラミング関係について書いていきます。あなたの優しい眼差しがブログの成長につながりますのでどうぞよろしく。

gitを使ってみよう(実践編)

git

gitの流れ

前回、testというディレクトリを作業ディレクトリ として初期化しました。今回は、このディレクトリ内でgitコマンド を使っていきたいと思います。
とりあえずtest.txtなどのなにかしらのファイルをつくってみましょう。

Hello,Git!!

作成できたら、以下のようなコマンドを打ちます。

git add test.txt

addコマンドは、指定ファイルをステージング エリアとかインデックスなどと呼ばれる場所に登録します。
ちなみに add.で、そのディレクトリ下に存在するすべてのファイルを指定できます。

つづいて、以下のようなコマンドを入力。

git commit -m"First Commit!"

commitコマンドは、ステージングエリア内に存在するファイルをリポジトリ という場所に上げます。commitされたファイルは履歴として残ります。
git statusコマンドで現在の状態を確認し、

# On branch master
nothing to commit (working directory clean)

というような表示がされればコミットに成功しています。
git logでも良いです。 -mはコメントを記録するオプションです。

今までの一連の流れを絵でまとめると、こんなイメージです。
f:id:web-engine:20160528180947p:plain


差分を確認する

test.txtのHello,Git!!を改行して、 Hello,World!!とでも入力してみましょう。
gitでは、以下のコマンドで、指定ファイルの変更箇所を 表示してくれます。ただし、まだステージングエリアにaddしていないファイル に限ります。

git diff test.txt

追加された部分の前には+がつきます。

ステージングエリアで差分を確認したい場合には

git diff --cached

と入力しましょう。このオプションはコミット前の確認に使うことが多いです。


前回コミットした状態へ戻す

前回コミットした状態へ戻したい場合、以下のコマンドを打てば実現できます。

git reset --hard HEAD

HEADが最後のコミットの位置を表しています。
さらに一つ前のコミットに戻したい場合は

git reset --hard HEAD^

が使えます。


チームで使う場合

ここまで紹介したのは、1人でgitを使う場合の基本コマンドです。
複数人でgitを利用する場合、pushpull などのコマンドを覚える必要があります。かの有名なドットインストールで git入門をやっているので、そちらを参照するのが早いでしょう。


もっと詳しく知りたい方

http://qiita.com/opengl-8080/items/451c5967cbbc262f4f0d

こちらも参考に