読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WebEngine

web、プログラミング関係について書いていきます。あなたの優しい眼差しがブログの成長につながりますのでどうぞよろしく。

gitを使ってみよう(共同作業編)

チーム作業を想定

  • 共有リポジトリ(share.git)
  • Aさんの環境(dir_a)
  • Bさんの環境(dir_b)

の3つがあると想定します。

共有リポジトリの作成

リモートサーバやネット上に存在するものです。
共有リポジトリの初期化は(share.git下で)

git init --bare

というコマンドを打ちます。
.gitという拡張子は共有リポジトリであることを表します。

共有リポジトリにpushする

Aさんの環境に、コミット済みのファイルがあるとします。
そのファイルを共有リポジトリにあげたい場合

git remote add origin ~/share.git
git push origin master

とコマンドを実行すれば上手くいきます。 ~/share.gitの~はhttp://wwwなどが入ります。

共有リポジトリの内容を共有したい

Bさんの環境に、共有リポジトリにあるファイルを引っ張ってきたい とします。そういう場合は

git clone ~/share.git/dir_b

と打ちます。最後に.doneと表示されれば オーケイです。git logでも確かめてみましょう。 ちゃんとコミットされているはずです。

もちろん、Bさんがファイルを編集して共有リポジトリに pushすることもできます。 Aさんがやったときと同じように

git push origin master

と打ちましょう。git remote...は すでに共有リポジトリに認識されているので入力しなくても 良いです。説明を省いていましたが、このコマンドは最初に 共有リポジトリに、「こういうファイルを共有して扱いますよ」と 教えてあげるメッセージだったんですね。

pullコマンド

Bさんが編集したファイルになるよう、Aさんはファイルを更新したいですね。 その場合は

git pull origin master

と実行します。pullとcloneはどう違うんだ、というと、pull は編集された部分だけを更新するコマンドで、cloneはリポジトリ の内容そのままを自分のリポジトリにコピーするイメージです。

こちらも参考に